泌尿器科

 

  月  火  水  木  金 
午前 田口
不定
前田
不定
田口
不定
不定 不定
午後 × ※1不定 × ※1不定 ×

※ 初診患者さまは原則として紹介状が必要です(平成27年2月2日より)。
※1 火曜日、木曜日午後は予約患者さまのみの診察です。

診療内容

王子総合病院泌尿器科は、尿路・生殖器疾患全般の治療を行っています。具体的には、

これらの疾患のなかで多くを占めているのは尿路悪性腫瘍です。前立腺癌、浸潤性膀胱癌、腎癌、腎盂・尿管癌、精巣癌等の尿路悪性腫瘍症例に対しては手術(根治的前立腺全摘除術、根治的腎摘除術、根治的膀胱全摘除術等)を中心とした根治的治療を行っています。最近では前立腺癌はPSA採血の普及により早期の癌発見が可能となり根治的前立腺全摘除術が増加しています。また、筋層浸潤性膀胱癌に対する根治的膀胱全摘術の際には回腸導管を中心とした尿路変更術を同時に行っています。副腎腫瘍や一部の腎癌症例においては傷の小さい腹腔鏡手術も施行可能です。また最近では多くの腎癌の開放手術症例で切開創の位置を工夫することにより肋骨を切除することなく8~10cm程度の比較的小さな皮膚切開で手術を行っています(以前の皮膚切開長:20cm以上)。その結果、以前と比べると創痛は確実に少なくなり、また手術費用も低くいため肉体的・経済的に患者負担が少なくなっています。手術以外の治療として前立腺癌では根治的放射線治療を(リスク分類により線量変更あるいは内分泌療法併用)、また抗悪性腫瘍薬治療も尿路上皮癌(GC, TIN)、腎癌(分子標的薬、インターフェロン)、前立腺癌(DTX)、精巣腫瘍(BEPなど)の多数症例に行なっています。
結石治療では平成12年より体外衝撃波破砕装置(ESWL)を導入し現在まで約2000件実施しております(苫小牧市内の患者さまは入院は必要なく外来的に実施しています)。また現在はレーザー治療器を用いた内視鏡手術も多数行なっています。
なお当科は日本泌尿器科学会専門医教育施設として認定されており日本泌尿器科学会指導医、専門医を含めた3名の医師スタッフが専門的立場からより適切な診療にあたっております。

主要手術数
  平成20年  平成21年  平成22年   平成23年  平成24年
腎悪性腫瘍手術
(根治的腎摘除術
  腎尿管全摘除術) 
18例  26例  24例  24例  24例 
膀胱悪性腫瘍手術
(根治的膀胱全摘除術)
11例  10例  9例  3例  1例 
経尿道摘膀胱腫瘍切除術 111例  108例  120例  108例  112例 
前立腺悪性腫瘍手術
(根治的前立腺全摘除術
14例  12例  16例  22例  20例 
  
医師紹介

田口 圭介(タグチ ケイスケ) 副院長(兼 泌尿器科主任科長)

昭和63年卒
職歴
札幌医科大学附属病院、北海道大学医学部附属病院、網走厚生病院、函館五稜郭病院
済生会小樽北生病院、釧路赤十字病院、砂川市立病院、坂泌尿器科病院
認定資格
医学博士、日本泌尿器科学会専門医、同学会指導医

患者さまの力になれるよう、尽力させていただきます。

前田 俊浩(マエダ トシヒロ) 主任科長

平成11年卒
職歴
函館五稜郭病院、釧路赤十字病院、旭川赤十字病院、NTT東札幌病院
製鉄記念室蘭病院、札幌医科大学附属病院
認定資格
日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本泌尿器内視鏡学会、泌尿器科腹腔鏡技術認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

患者様に信頼してもらえるように頑張ります。

加藤 秀一(カトウ シュウイチ) 主任科長

平成16年卒
職歴
札幌医科大学附属病院、砂川市立病院、市立室蘭総合病院
旭川赤十字病院、函館五稜郭病院、滝川市立病院
認定資格
日本泌尿器科学会専門医、日本泌尿器科学会指導医、泌尿器科腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器科腹腔鏡)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医、インフェクションコントロールドクター(ICD)

精一杯頑張りますので、宜しくお願いいたします。