呼吸器内科

 

  月  火  水  木  金 
午前 池澤
佐藤
河井
瀧本
池澤
佐藤
河井
瀧本
河井
池澤
午後 ※1菊池 ※2池澤 ※2河井 ※1鈴木  ※1猪村

※1 出張医
※2 予約患者さまのみ

診療内容

当科では気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの比較的頻度の高い気道閉塞性疾患、肺癌や悪性胸膜中皮腫などの腫瘍性疾患、細菌性肺炎など各種呼吸器感染症を主に診療しております。その他、サルコイドーシスや間質性肺炎といった比較的まれな呼吸器疾患や睡眠時無呼吸症候群などについても対応しております。

気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)については、咳や痰、息切れを主訴に受診される患者さんの原因疾患として多くみられます。胸部X線などの画像所見や呼吸機能検査などにて精査し初期治療の導入を行います(現在、禁煙治療については原則的には対応しておりません)。この分野は近年、新しい吸入薬や分子標的薬の開発が進んできており、それら新規薬剤の治験も積極的に行っております。

肺癌や悪性胸膜中皮腫については年々症例数が増加しています。当院ではガイドシース併用気管支内腔超音波断層法(EBUS-GS法)や超音波気管支鏡下針生検(EBUS-TBNA)など肺癌の診断に必要な呼吸器内視鏡の設備を導入し診断率の向上に努めております。内科的な各種検査で診断困難な場合や治療として切除が必要な場合は当院の呼吸器外科にご紹介し、手術を行っていただいております。手術以外の放射線治療や化学療法については当科に入院、または外来通院にて施行可能であり、当院で肺癌の標準的治療を網羅しております。また、北海道を中心とした多施設で肺癌治療の臨床研究を行っている「北海道肺癌臨床研究会(HOT)」にも参加しています。

感染性肺疾患については、抗生物質などによる迅速な治療開始が必要な場合が多く、入院治療の必要性の有無などを速やかに判断します。また、重症例におきましては院内に集中治療室が常設されており、そこで救命に必要な集中治療を最大限施行いたします。

現在、苫小牧市内のみならず日高・東胆振地方全体を見ても呼吸器内科として入院病棟を持つのは当院と苫小牧市立病院のみとなっています。この地域で呼吸器内科の専門的治療が必要な患者さんにとっての「砦」となれるよう、最大限努力してまいりたいと存じます。一方で、限りある医療資源を最大限有効に利用するため、専門的加療が終了した場合や使用薬剤が決まり安定した場合などは、苫小牧市内および日高・東胆振管内の他の医療機関との連携をお願いいたしまして治療の継続をいただく場合もあります。この点につき、御理解いただけますようお願い申し上げます。

当科での入院治療に際し、治療法は主治医だけではなく、内科、外科、放射線科の医師との連携にて総合的に行っています。また、希望者にはセカンドオピニオンとして他病院への紹介も行っています。

医師紹介

河井 康孝(カワイ ヤスタカ) 呼吸器内科主任科長

平成15年卒
職歴
北海道大学病院(研修医)、市立札幌病院(研修医)、江別市立病院循環器内科 
王子総合病院呼吸器内科、北海道がんセンター呼吸器内科、北海道大学病院第1内科
資格
総合内科専門医、インフェクションコントロールドクター(ICD)

苫小牧市および東胆振・日高における呼吸器診療の拠点として、精一杯取り組みたいと思います。

池澤 靖元(イケザワ ヤスユキ) 主任科長

平成16年卒
資格
日本内科学会認定内科医、内科学会総合専門医、日本呼吸器学会専門医、日本呼吸器内視鏡学会専門医

安心した医療を受けられますようにがんばります、宜しくお願いします。

佐藤 峰嘉(サトウ ミネヨシ) 科長

平成24年卒
職歴
砂川市立病院、JA北海道厚生連 帯広厚生病院、北海道大学、砂川市立病院

前年度は総合内科医として働いておりました。呼吸器内科の専門的役割を果たせるよう精進します。

瀧本 理子(タキモト ミチコ) 科長

平成25年卒
職歴
名寄市立総合病院、北海道大学病院、JA北海道厚生連 帯広厚生病院、岩見沢市立総合病院

苫小牧の皆様に良い医療を提供出来るよう努力致します。