脳神経内科

 

  月  火  水  木  金 
午前 松下 蒲生 松下 蒲生
久原(出)
種本
午後 ※1松下 ※1松下 ※1蒲生

※  既にかかりつけがある場合は、紹介状が必要となることがあります。

  拝見させて頂きますので、まず当院に電話でご相談下さい。
 

※1 外来は予約患者様のみ

診療内容

神経内科は全身に張り巡らされた神経という臓器の病気を診る科です。ものを考える・痛みを感じるなど自分の体の中で発生した情報や、見る・聴くなど外からの情報、さらには体のどこかを動かそうという指令はすべて神経を通って伝えられます。ですから、意識障害・認知症・全身各部位の痛み・しびれ・筋力低下・歩行障害・ふらつき・めまい・ふるえ・口のもつれなどなど、自分で感じる異常・他人が見て気づかれる異常の多くに神経内科疾患が関係している可能性があるのです。さらに便秘・下痢・排尿障害・立ち眩みを感じた場合、多くの方は他の科にかかられることが多いと思いますが、その中には自律神経の異常で起きることもあります。

このように日常生活に不都合をもたらす症状がある場合、その不都合の原因が神経にあるのかどうか、診察と検査によってできるだけ科学的に突き止め、少しでも軽減させるお手伝いをする、というのが神経内科です。

札幌から南は苫小牧を中心に西は登別から東は帯広まで、神経内科診療については大変薄い診療体制となっておりましたが、このたび、当院において継続的に神経内科診療が行えるように常勤医が2名配属されました。1.変性疾患(パーキンソン病やレビー小体病、脊髄小脳変性症など) 2.炎症性疾患(多発性硬化症、脊髄炎など) 3.末梢神経障害(ギランバレー症候群、核種多発神経炎など) 4.筋疾患(筋炎・筋ジストロフィなど)といった神経内科固有領域全般を診ていきますが、さらには脳神経外科と協力し合いながら脳卒中診療にも携わっていきたいと考えています。

少人数からスタートしますので、最初から多彩な訴えすべてに対応するのは難しく、まずは診療範囲を絞っての対応をさせて頂かざるをえませんが、少しずついろいろな状況に対応できるようにしていきたいと思います。

今まで札幌まで通院しなくてはいけなかった患者さんが、単に近くの病院で済むようになってよかったというだけでなく、幅広い患者さんの愁訴への対応、そして日常生活レベルや、みなさまの人生の質の向上に役立てていただけるよう努力してまいりますので、今後よろしくお願いいたします。
      

医師紹介

松下 隆司(マツシタ タカシ) 科長

平成14年卒
職歴
中村記念病院、札幌医科大学附属病院
認定資格
日本内科学会総合内科専門医、日本神経学会 専門医・指導医

わかりやすい説明を心掛けて診療して参ります、よろしくお願いします。

蒲生 直希(ガモウ ナオキ) 科長

平成24年卒
職歴
江別市立病院、札幌医科大学附属病院、砂川市立病院
札幌厚生病院、札幌医科大学附属病院
認定資格
日本内科学会認定医、日本神経学会神経内科専門医

地域の皆様のお役に立てるよう頑張りたいと思います、よろしくお願い致します。

種本 真将(タネモト マサノブ) 科長

平成29年卒
職歴
小樽市立病院、札幌医科大学附属病院

苫小牧の皆様にとって安心して医療を受けられるように心がけて診療させて頂きます。

舩越 匠(フナコシ タクミ) 科長

平成30年卒
職歴
五稜郭病院、札幌医科大学附属病院

後期研修医1年目の舩越です。不慣れな点もあるかと思いますが皆様のお役に立てるよう精進致します。