地域がん診療連携拠点病院について

当院は、厚生労働省よりがん診療連携拠点病院の指定を受けております。
がん診療連携拠点病院は、全国どこででも質の高いがん医療を提供することができるよう、国が整備を進めているものです。
がん診療連携拠点病院では、適切ながん医療を受けることができるように
以下の体制を整えることが求められています。

1.診療体制
  1. 集学的治療の実施:手術、化学療法(抗がん剤治療)、放射線治療を組み合わせた治療の実施
  2. 診療ガイドラインに準ずる標準的治療の提供
  3. 適切な化学療法(抗がん剤治療)の実施体制の整備
  4. 緩和ケアの提供体制の整備
  5. 地域の医療機関との協力体制の整備
2.研修の実施体制

地域において、がん診療に携わる医師を対象とした、早期診断、副作用を含めた放射線療法・化学療法の推進および緩和ケア等に関する研修、カンファレンスを実施すること。

3.情報の収集提供体制

がん相談支援センターを設置し、がん診療およびがんの予防・早期発見等に関する情報提供、地域のがん医療の連携協力体制の情報の収集・提供、セカンドオピニオンに関する相談、がん患者の療養上の相談など

  
当院では、体制の整備として  
  1. 手術、化学療法、放射線治療を担当する専門的知識及び技能を有する常勤医師を配置するとともに、認定看護師をはじめとしたコメディカルスタッフを配置し良質ながん医療の提供に努めています。
  2. 放射線治療装置(2010年度更新)、PET/CT(2011年度導入)をはじめ、最新の診断・治療機器を整備しております。
  3. 外来化学療法室(がん化学療法を、患者さんの生活スタイルを損なわないように、入院ではなく外来で実施する部署)を整備し、年間3,000件以上の化学療法を実施しております。
  4. 緩和ケアチームを運用し、がん患者の緩和ケアに対応するとともに緩和ケア外来を開設しています。
  5. がん診療にかかわる地域医療機関との定期的なカンファレンスを実施しているほか、がん診療連携クリニカルパスを運用しています。
  6. がん相談支援室(がん相談支援センター)では、がんにかかわる相談に対し、専任の看護師、ソーシャルワーカーが対応しております。
  7. 医療連携室ではセカンドオピニオンの受付を行っております。
  8. 専従の研修を修了した診療情報管理士を配置し、がん登録を実施しております。
  9. がん医療の発展のため、臨床研究にも積極的に参加しています。
  

など、体制の整備を進めております。
今後も、地域のがん診療の拠点として中心的役割を果たすことができるようにさらに努めてまいります。

がん診療 当院の取り組み
  1. 外来化学療法室について
  2. 緩和ケアについて
  3. がん相談支援室(がん相談支援センター)について
  4. がんサロンについて
  5. がん検診について
  6. がん登録について
  7. がんリハビリテーションについて
  8. がん診療地域連携クリニカルパス
  9. 臨床研究について