緩和ケア市民公開講座

がんは日本人にとって「国民病」と言われる時代です。死因の第1位であり、2人に1人ががんになるとも言われています。
がんになった時に、その苦痛をやわらげたり、療養生活の質(QOL)を向上させる「緩和ケア」という方法があることを、皆さんはご存知でしょうか。
本講座では、「緩和ケア」を正しく理解し、在宅医療・介護の提供者と住民がともに考え、学ぶ機会とします。

在宅医療・緩和ケアに関する市民公開講座

■ 日時:2016年2月21日(日)  14時00分〜15時30分
■ 場所:グランドホテルニュー王子 2F(白樺の間)
■ 主催:王子総合病院 緩和ケアチーム
■ 講演:1.在宅医療・介護連携の推進について
     2.認知症になっても 介護が必要になっても 安心して暮らすために
■ 後援:苫小牧保健所・苫小牧市・苫小牧医師会・王子総合病院・苫小牧市立病院


ポスター

過去の市民公開講座

緩和ケアチーム