緩和ケアチーム
緩和ケアとは

重い病気を抱える患者さんやそのご家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアです。
がんとわかったときからはじまる緩和ケア(患者向けリーフレット)

緩和ケアチーム

緩和ケアチームは、痛みなどのつらい身体症状や不安・落ち込みなどの精神的な苦痛をやわらげ、患者さんとご家族が自分らしい生活を送れるようにサポートするための専門チームです。
体と心のつらさなどの治療のほか、患者さんの社会生活や家族のサポートを行うためにさまざまな職種のメンバーで構成されています。患者さんやご家族、主治医や担当看護師の求めに応じて協力し、さまざまな「つらさ」をやわらげるための専門的な知識や技術を提供することにより、患者さんやご家族のQOL(生活の質)の維持・向上を目指します。


このような症状のある方はご相談ください
  • 痛み、息苦しさ、吐き気、食欲がない、お腹がはって苦しい、手足のしびれ、眠れないなど身体に感じる様々な症状
  • 不安、いらだち、気分が落ち込む、恐れ、といった心の痛み・問題
活動内容
緩和ケアチームはつらい症状をお持ちの入院患者さんのご相談を受けます。主治医・看護師・薬剤師など様々な職種のスタッフが集まり、協力体制をとりながら、医療に関するアドバイスなどを行っていきます。患者さんのつらい症状を少しでも軽くできるようお手伝いするため、当院の緩和ケアチームは、平日、緩和ケアチーム看護師と必要メンバーでチーム回診を行い、週1回は、緩和ケアチームメンバーでカンファレンスと総合回診を行っています。
ご相談方法
入院中の患者さんとそのご家族を対象としています。「つらさ」 を緩和することを目的としていますので、病気の進行程度は問いません。また、緩和ケアチームの診療を受けることで、担当医が変わることはありません。

緩和ケアチームのサポートを希望される方は、主治医あるいは看護師にご相談ください。場合によっては主治医のほうから患者さんに、緩和ケアチームへのご相談をさせていただくこともあります。主治医からの依頼を受けて、できるだけ早い時期からの支援を始めます。



その他の活動紹介
緩和ケア啓発(イベント)
緩和ケア週間による緩和ケア啓発イベント、市民公開講座などを開催し、緩和ケアの普及・啓発に力を入れています。
   
医師のための緩和ケア研修会
地域がん診療連携拠点病院である当院では、年に1回、がん診療に携わる医師を対象とした緩和ケア研修会を開催しています。緩和ケアチームは、この研修の企画・運営を行い、緩和ケアの普及・教育に努めています。
 
研修終了者の名簿
緩和ケア研修会
第9回東胆振・日高地区緩和ケア研修会案内