栄養管理科
栄養管理科の紹介

患者さまの年齢、病状に合わせ、おいしく、安全なお食事を提供させて頂いております。
また、入院時は栄養状態を評価し、栄養の保持又は改善に努めています。病気の治療や予防、健康回復に役立つよう、患者さまの個々の状態に合わせながら栄養相談、栄養教育を行っています。

   
スタッフ

管理栄養士 6名
( 管理栄養士、病態栄養専門師、日本糖尿病療養指導士、NST専門療法士、人間ドック情報管理指導士、公認スポーツ栄養士)

主な業務内容
病棟栄養管理業務

入院時に病棟担当管理栄養士がベッドサイドにお伺いし、個々の病態に応じた食事内容や特別な治療食(糖尿病食や腎臓病食、心臓病食など)の説明を行います。
病状や治療により食欲不振や低栄養状態などで食事について相談が必要な患者さまには、担当医師、看護師と連携を図り、患者さまの嗜好や食べられそうなものを聞き取りながら対応をし、経口摂取量や栄養状態の改善に努めています。

栄養相談業務

当科では、入院・外来患者さまの個人栄養相談の他、糖尿病教室やマタニティ教室などの集団栄養相談を行っています。糖尿病・脂質異常症・肝臓病・腎臓病・肥満・術前術後の食事・妊娠高血圧症候群・食物アレルギー・貧血などの食事療法や、妊娠期の食事・食欲不振、嚥下障害などに対するアドバイスを行います。その他、特定保健指導にも携わっています。
申し込み方法は、予約制になっていますので、主治医へご相談ください。

  1. 個人栄養相談
    月~金(祝日を除く)午前9時~午後4時まで
  2. 集団栄養相談
    ・糖尿病教室   第3金曜日10時30分~11時30分
    ・マタニティ教室 第2木曜日13時30分~14時


     個人栄養相談         集団栄養相談(糖尿病教室)

チーム医療業務
給食管理業務

 入院中は医師の指示のもと個々の患者さまの病態別の他、食形態等に合わせた食事を提供し、週3日(朝・夕)選択食の実施や季節感を感じられるよう行事食を取り入れています。
 平成25年7月より、化学治療や放射線治療等で食思不振により食事摂取量の低下が続いている患者さまを対象に、ラーメン、牛丼などのリクエストの多かったメニューを取り揃えた「ほほえみ食」を提供しています。

 
ピーマン肉詰め弁当          ほほえみ食の一例

その他

 腸の免疫機能を強化することで、治療の促進に役立て、早期回復への足がかりになると言われていることから、当院では昼食時に乳酸菌シロタ株を使用したヤクルトを提供しています。
また腸管の環境を整えることは栄養の吸収を効率良くしてくれます。栄養をしっかりと吸収し、治療に向かう態勢づくりを担っていくことが期待されます。