検体検査室

肝臓や腎臓の働きを調べたり、糖尿病の有無や、脂質の量、貧血や感染がないか等を調べています。これらの検査は最新型の自動分析装置を使用しコンピューターで管理され、正確性と迅速性をモットーに患者さまへのサービスに努めています。

生化学検査

血液、尿、胸水、腹水など検体中のたんぱく質、糖質、脂質、酵素、電解質、ホルモンなどを専用の分析装置で、化学反応、酵素反応、免疫反応などを利用して測定しています。

全自動生化学分析装置

免疫血清学検査

細菌やウイルスに感染した時に体内に作られる抗体が血液中にないか、それがどの程度産生されたかを調べる検査です。各種の抗原・抗体検査の他に最近では遺伝子を扱う検査も増えてきています。


全自動免疫測定装置

血液学検査

血液中には赤血球、白血球、血小板などの細胞が存在します。専用の分析装置で細胞数を数えたり、顕微鏡で形態が変化していないかを調べたりします。また血液を固まらせたり(凝固)、溶かしたり(繊維素溶解)する働きが正常かを調べる血液凝固・線溶検査も行っています。

末梢血液像

血液は骨の中で作られます。その骨の中の細胞を精査し、血液のもととなる細胞に異常がないかを顕微鏡で調べるのが骨髄検査です。

  

       骨髄像カウンター               髄像     


  

     全自動凝固線溶測定装置          全自動血液測定装置

  
尿一般検査

尿の中に糖やたんぱく質、潜血がないか、顕微鏡で異常な物質がないかを検査し
ています。特に腎臓や膀胱の異常では血液より早期に詳しい情報を得ることができます。

全自動尿検査装置

採血、採尿について

食事や運動が検査デ-タに影響を及ぼすことがあるのでご注意ください。
できるだけ空腹時に採血、採尿することが望まれます。特に食事による影響が大きいのは血糖、尿糖、中性脂肪、インスリンなどです。
激しい運動で影響を受けるのはAST、LDH、クレアチンキナ-ゼ、乳酸、白血球数、尿タンパクなどです。また、ビタミン剤、ドリンク剤に含まれるビタミンCが尿糖を偽陰性にすることがあります。
依頼内容によって異なりますが、採血してから検査結果が出るまでにはおよそ60分から90分かかります。