臨床工学科
臨床工学科の紹介

私たち臨床工学技士は、医師の指示のもとに『生命維持管理装置の操作及び保守点検・管理』を行っています。具体的には、人工透析をはじめとする各種血液浄化、ICUにおける各種血液浄化・補助循環業務・人工呼吸器管理業務、手術室業務(手術室ME機器管理業務・人工心肺業務や自己血回収業務・眼科手術業務・内視鏡手術業務)、ME機器中央管理業務、心臓カテーテル検査業務、ペースメーカー関連業務、VAIVT業務、高気圧酸素治療業務などがあります。
臨床工学科では、平常業務以外に緊急時(夜間・休日)の呼び出し対応をしています。

スタッフ

臨床工学技士  16名 (うち透析技術認定士:4名、体外循環技術認定士:3名在籍)


業務内容
【血液浄化室業務】

透析ベッドは30床(個室1床含む)あり、多くの患者さまに対し日曜日を除く2部制で主に人工透析を行っています。 具体的には

また、各種血液浄化・その他として

などの治療も行っています。

【ICU業務】

主に血液浄化室では行えない重篤な患者さまに対し、上記血液浄化の他にABP(急性血液浄化)やCRRT(持続的腎代替療法)を行っています。 具体的には

さらに、補助循環装置(IABP・PCPS)の操作・保守管理も行っています。また、人工呼吸器に関する事故を未然に防ぎ円滑な運用をするための人工呼吸器管理業務も、ICUを拠点に行っています。

【手術室業務】
【ME機器中央管理業務】

医療法上「医療機関内で使用されるME機器は、医療従事者により適性に使用され、保守点検され、必要に応じて修理がなされ、保管される」となっていることから、院内にあるME機器をMEセンターで保管し、貸出や返却による定数・在庫管理および使用後・定期点検などME機器中央管理業務を行って、院内にあるME機器の安全維持・効率化を図っています。


MEセンターで中央管理しているME機器


MEセンターで管理しているME機器

などの点検・管理をしています。

【心臓カテーテル検査業務】

心筋梗塞や狭心症、弁膜症など心疾患がある患者さまに検査を施行中に、臨床工学技士は様々に変化する生体情報(心電図や血圧など)の監視や測定を行っています。その他にも冠動脈硬化病変などに対するRotablator装置の操作や冠動脈虚血評価としてFFR測定なども行っています。 また、緊急時には補助循環装置(IABP・PCPS)の操作など、様々な機器の操作および点検を行っています。

【ペースメーカー関連業務】

ペースメーカーとは、徐脈の患者さまに正常の脈拍を担保する機器で、当院ではペースメーカー植え込み手術、本体電池交換、その後の外来管理まで関わっており、その際に必要な専用のプログラマーを臨床工学科で操作しています。現在ではリードレスペースメーカー(Micra)という2cmほどの小型ペースメーカーの植え込みも実施しています。

【高気圧酸素治療業務】

高気圧酸素治療 :患者さまを装置内に入れ、その装置内の気圧を上げて(大気圧を0とし、1気圧まで)いきます。気圧を上げることにより血液に酸素を溶解させることができるため、体内で酸素が十分に行き届いていないところまで酸素を供給することができます。 このような効果が期待できるため、多科にわたる治療でもあり、臨床工学技士は、治療中の患者さまの経過観察と装置の操作・点検を行っています。