リハビリテーション科


~みなさまへ安全で効果的なリハビリテーションを提供致します~


 
基本方針
  1. 急性期の医療機関として患者さまのリスクに十分配慮し、安全かつ効果的なリハビリテーションを実施します。
  2. 関連職種との連携を図り、チームとして患者さまのADL自立・QOL向上を目標としたリハビリテーションを提供いたします。
  3. 在宅支援機関や他の医療機関、介護施設との連携を緊密にし、患者さまの家庭復帰や社会復帰を円滑にするよう努めます。
特徴

子供からお年寄りまで、あらゆる年代のケガや病気の方へリハビリテーションを行います。入院によりベッド上での生活が余儀なくされ、体力・筋力・呼吸・循環機能が低下することがあります。早い段階からリハビリテーションを行うことにより、早く起き上り、普段の生活に戻れるように入院早期からベットサイドにて開始いたします。  チーム医療として、医師・看護師をはじめ、薬剤師・管理栄養士・介護士・医療相談員との情報共有や連携を図り、安全で効果的なリハビリテーションを実施するため、全病棟と定期的なカンファレンスを実施しております。また、引き続きリハビリテーションが必要な患者さまへは、市内近郊の医療機関と地域連携パスなどを使用し、切れ目のなくリハビリテーションが継続できるように、定期的に地域の回復期病院と合同会議を開催いたしております。

  
スタッフ

理学療法士(PT:Physical Therapist)11名,
作業療法士(OT:Occupational Therapist)6名
言語聴覚士(ST:Speech Language-hearling Therapist)2名
リハ助手1名の計20名


業務内容
Ⅰ. 理学療法 (PT : Physical Therapy)

作業療法 (OT : Occupational Therapy)

作業療法とは、身体又は認知に障害のある方、またはそれが予測される方に対して、その主体的な生活や新しい人生を再構築するために、心身機能・活動・社会参加・健康状態を含めた人間の総合的な生活機能の維持及び向上を促す作業活動を用いて治療、指導及び援助を行うことです。

  1. 心身機能(上肢機能、高次脳機能、認知機能)
    脳血管疾患後の片麻痺になった手や指の運動機能の回復や利き手の変換の練習,注意障害や記憶障害に対する練習,日常物品の操作が難しくなる失行や麻痺側を無視する失認などの高次脳機能障害の練習,骨折後の関節可動域制限や脊椎疾患など上肢障害に対する巧緻動作練習,認知症に対する精神活動やレクリエーションなどがあります。
  2. 活動全般(日常生活活動や社会生活活動、余暇活動、職業)
    病棟で実生活の時間帯に行う食事や整容,排泄活動の練習、実際の包丁や食材を使用して料理を行う調理練習,大腿骨頸部骨折で脱臼しないような肢位でリーチャーやトング,マジックハンドなどの自助具を使用する更衣(ズボン,下着,靴下)練習などがあります。
  3. 社会参加(復職,復学,主婦業,地域社会への関わり)
    家庭内での役割や地域社会への関わり,生きがい,主体的な生活を獲得するために本人,家族,環境,周囲の人を含めた具体的な人生目標を設定し,チームでアプローチします。
 
言語聴覚療法 (ST : Speech Language Hearling Therapy)

言語聴覚療法では、脳卒中や頭部外傷によって起こる言葉の障害や食べたり飲んだりすることに障害のある方々に対しリハビリテーションを実施しています。

  1. 失語症
    脳卒中による大脳の損傷により「聴く」「話す」「読む」「書く」ことに支障をきたします。患者さま個々に合わせたコミュニケーション手段を確立し、日常のコミュニケーションが円滑に図れるよう練習をします。また、家族の方へのアドバイスも行います。
  2. 構音障害
    脳卒中により唇や舌などに運動障害が生じ、呂律が回りにくく、はっきりと発音できない状態です。発声発語に関わる器官の運動や発音練習をし、明瞭な発語になるよう練習をします。
  3. 摂食・嚥下障害
    脳卒中による喉の麻痺や、様々な原因によって起こる飲み込みの機能低下により、食事や水分がうまく飲み込めない・ムセるなどの症状が現れます。摂食に関わる器官の運動や実際に摂食訓練を行いながら安全に食事が摂れるように練習をします。また、御家族へ食事の形態や介助方法などの相談も行っています。
訪問リハビリテーション事業所 (事業所番号0113612931)

訪問リハビリテーションでは、ご利用者様の居宅(自宅)を直接訪問して、より良い日常生活を送るために必要なリハビリテーションを行います。心身の特性を踏まえて、心身機能の維持・回復を図り、日常生活活動(食事、着替え、排泄、入浴、家事、買い物、外出、趣味など)の維持・改善を支援します。
(但し、当院医師を主治医としている方に限ります。主治医のリハビリ処方のもとリハビリを行いますので、3か月に1度の受診が必要となります。)

施設基準
リハビリテーション室を利用される患者さま・ご家族さまへ