看護部長挨拶

過去から未来にわたる職務経験を活かせる病院です。

  

地域社会で質の高い看護を提供できるように自律・自立した職員の育成をめざします。


王子総合病院は、明治43年(1910年)に王子製紙苫小牧工場の厚生施設として開設されて100年以上の歴史があり、常に地域のニーズに合わせ変化し続け現在は、東胆振・日高圏の基幹病院として担っております。
2025年に向け「病院完結型」から「地域完結型」へと新たな医療提供体制の実現と地域包括ケアシステムの構築が進められる中、当地域も急速に高齢化が進んでおり、地域基幹病院としての王子総合病院の役割を果たしていかなければなりません。
病院理念 基本方針でもあります個々人の尊厳を守り、地域の方々が安心して医療を受け、生活できるよう取り組み地域へ貢献していきたいと考えています。

 

また、日本看護協会のビジョンにも足並みをそろえ、健康で安全な職場の推進にもあるように健康で安全に自分らしく働きながら自己実現ができる。看護部組織作りを目指し、看護職がそれぞれの役割を主体的に発揮できるように、質の向上、職場環境の改善、看護の連携に取り組んでまいりたいと思います。 “人材”育成のために、看護職員の教育に力を入れており、個々のキャリアプランに応じた院内留学制度や一般病棟と手術室や外来などの垣根を越えた他部署研修制度をとり入れています。ひとつの部署に固定されず、さまざまな患者さんをケアできることは、急性期病院で働く看護職員にとって財産になります。人財である看護職員に活き活きと働いてもらうことが私たち看護部の願いです。


看護部長 認定看護管理者
渡邊美樹