看護部長挨拶

王子総合病院は明治43(1910)年に開設され、以来100年以上の歴史があり、常に地域のニーズに合わせ変化し続け、現在は東胆振、日高医療圏の基幹病院として役割を担っております。
少子高齢化社会を迎え社会情勢が大きく変化し、「病院完結型」から、「地域完結型」へと医療も大きく変革が求められているなか、日本看護協会から“少子・超高齢・多死社会における保健・医療・福祉体制の再構築は、看護職が立ち向かっていくべき大きな課題”(看護の将来ビジョン 公益社団法人 日本看護協会より)とし、看護の将来ビジョンが打ち出されました。

東胆振、日高医療圏も急速に高齢化が進んでおり、急性期の地域基幹病院でもある王子総合病院は地域包括ケアシステムの重要な車輪としての役割を果たしていかなければなりません。当院看護部もこの地域において、日本看護協会が掲げた看護の将来ビジョンと足並みをそろえ、病院理念 基本方針でもあります個々人の尊厳を守り、地域の方々が、安心して医療を受け、生活できるよう取り組んでいきたいと考えております。

いのちをつなぐ営みである生活、そしてその人らしく、その人が大切にしていることを尊重し、寄り添える看護を目指し、看護部一同研鑽に努めてまいります。そして、私たち看護職も、地域で生活する人として、自分らしく、お互いを尊重し合える働く環境を目指しております。