看護教育
  

さまざまな可能性や人との出会い
貴方の目標を実現できる環境があります。


看護部では、急性期医療に対応できる看護師を育成するために、新人看護師が自律した一人前の看護師に成長するまで、教育・サポートする体制を組み入れています。 新人教育では、看護倫理や看護の専門職としての自覚を育むことを重視し、グループワークやディスカッションを通じて看護に対する理解を深め、仕事へのやりがいを見つけるきっかけをつくります。 看護師にとって技術は不可欠であり、知識を実践につなげるため、院内のスペシャリストによる多様な研修を実施しています。また、キャリアを通してそれぞれのステージで成長し、目標を実現させるキャリア支援にも力を入れています。クリニカルラダーはそのためのシステムですが、ラダーのレベルアップだけが目的ではありません。レベルアップだけにとらわれるのではなく、当院にあるたくさんの可能性に出会い、もっと大きな視野で看護をとらえ、貴方のキャリアを築いてほしいと考えています。フレキシブルに、そして積極的に看護に取り組んでみませんか。

看護部の教育理念

看護部の理念・目標に基づいて専門職業人として患者中心の質の高い看護を提供し、地域貢献できる看護職を育成する。

  1. 看護専門職として、倫理性・科学的思考に基づく看護を実践する能力を養う。
  2. 看護実践能力を高めながら、領域に対する知識・技術を深め、専門性を養う。
  3. 成人教育を視野に入れ、自己・他者の教育に取り組む。
  4. 組織の理念・目標を踏まえ、自己のライフステージに合わせた専門職業人として、目標に取り組む能力を養う。
  5. 患者中心の医療が効果的に機能するような、チーム医療を推進する能力を養う。
  6. 看護を通じて、地域・社会貢献できる能力を養う。
  7. 災害・救急医療に対する理解を持ち、災害発生時に看護を組み立て実践する能力を養う。
看護部の教育

看護師が学生時代に学んだ知識を実践につなげ、キャリアを積んでいくための土台を築くために、計画的な教育プログラムを組んでいます。
特徴は、集合研修と各部署での研修をリンクさせ、1年目に求められる技術と、看護の専門職としての心構えを身につけられること。集合研修は、教育委員会のメンバーが中心となり、各委員会が企画・運営・評価を行っています。講師は、専門看護師や認定看護師、委員会などが担当。部署での教育は、指導者としての研修を受けた教育担当者や臨地指導者が管理者と連携を取りながら、指導とサポートを行っています。さらにe-ラーニングを導入し、各自が好きな時間に予習・復習できる環境を整えています。                    

看護研究に関して:研究についての知識人からの助言や指導を受ける体制を構築しています。

看護部キャリアパス



2019年看護部教育計画プログラムの詳細はこちらから


教育研修は、クリニカルラダーを基盤として年間教育プログラムを立案しています。専門的な知識、技術の習得は、各種研修会への参加や院内留学を支援しています。また、院外研修は主に北海道看護協会主催の研修会に
積極的に参加し、質の高い看護を提供できるよう努めています。

新人研修

  

新人研修は厚生労働省から提示された「新人看護職研修ガイドライン」に沿って教育プログラムを立案しています。新人看護職員として職場に適応し、業務遂行に必要な知識・技術を学びます。 新人研修のほとんどが、勤務時間内に実施しています。


2019年新人看護職員研修予定

研修名   
4月    ・感染管理
・静脈血・輸液管理
・重症度、医療看護必要度
・看護記録
・情報管理
・口腔・鼻腔内吸引
・輸液 向精神薬 麻薬管理
・ME機器管理 基礎編
5月 ・糖尿病について
・口腔ケア
・皮膚ケア
・災害看護
・ME機器管理 応用編
・新人フォローアップ
・夜間救急時の対応
・がん化学療法 基礎編
6月 ・心電図
・がん化学療法 応用編
8月 ・人口呼吸器研修会
・看護倫理
9月 ・医療安全 基礎編
10月 ・認知症について
12月 ・感染対策についての振り返り
2020年2月 ・ステップアップ研修会