リンパ浮腫ケア外来のご案内

当院で手術を受けた、乳がんと子宮がん・卵巣がんのみなさまを対象に、2010年9月よりリンパ浮腫ケア外来を開設しています。
リンパ浮腫は、がん治療による手術や放射線療法によりリンパの流れが障害され、リンパ液が留まることで生じる浮腫(むくみ)のことをいいます。
発症時期は、手術後から比較的早期に発症することもありますが、術後10年以上経過して
から発症する場合もあります。 発症したリンパ浮腫は完治しませんが、重症化を予防することで、みなさまの生活の質の向上につながります。みなさまがご自身でセルフケアができるように、リンパ浮腫療法士やセラピストがケアのお手伝いをしています。

対象患者様

当院に通院されている乳がん・婦人科がん・泌尿器科がんの手術を受けられた方

外来日時

毎週火・木曜日  午後 14時00〜16時30(予約時に時間確認して下さい)

場  所

リンパ浮腫ケア外来(旧皮膚科外来光線治療室)

     

予約方法

外科・産婦人科・泌尿器科外来受診の際、医師の指示により専任看護師が予約日をご案内します。

料金

・ 再診料
・ 徒手的リンパドレナージ、弾性着衣は別に料金がかかります