限度額適用認定証
70歳未満の方の入院の際の限度額適用認定証について

限度額適用認定証は、健康保険に加入されている70歳未満の方が入院して治療を受けた場合の自己負担限度額を示すものです。
病院窓口へ提示することで、1ヶ月の窓口負担額が表の自己負担限度額となります。

  

■自己負担限度学(平成27年1月1日より)

所得区分 自己負担限度額(高額療養費算定基準額) 限度額適用
認定証区分
標準報酬月額
83万円以上
252,600円+(医療費-842,000円) X 1% 
 【多数該当  140,100円】
  ア
標準報酬月額
53万円〜79万円
167,400円+(医療費-558,000円) X 1% 
 【多数該当  93,000円】
  イ
標準報酬月額
28万円〜50万円
80,100円+(医療費-267,000円) X 1% 
 【多数該当  44,400円】
  ウ
 標準報酬月額
26万円以下
57,600円
 【多数該当  44,400円】
  エ
 低所得者
(住民税非課税等)
35,400円
 【多数該当  24,600円】
  オ
申請方法について

詳細については保険者により若干の違いがありますので、国民健康保険、全国健康保険協会(協会けんぽ)、健康保険組合、共済組合などへお問い合わせください。

その他

高額療養費制度、融資制度など諸制度については医療相談室へお尋ねください。