地域医療連携パスについて

クリニカルパス(クリティカルパスと同義、以下パスと略します)とは、治療や検査の予定などを一覧にした治療計画表であり、医療スタッフが共通の認識のもとに医療を行う体制を整えるとともに、患者さんにとって治療の流れを事前に知ることができるようにするもので、治療の標準化とともに、医療の安全性・透明性に寄与するものです。そのなかで、地域医療連携パスとは、関係する医療機関が共同で利用する診療計画書で、医療機関の間および患者さんとの間で共有するものです。

当院では、脳卒中と大腿骨近位部骨折の治療に対し、地域医療連携パスを作成し、地域完結型の医療に役立っております。それぞれの疾患とも急性期から回復期・維持期へとシームレスな治療やリハビリテーション、ケアが必要です。そのため、各医療機関の機能や退院基準等の必要な情報を踏まえ、地域医療連携パスにより医療情報の共有を図っています。

パス実例