眼科

 

  月  火  水  木  金 
午前 北谷
栗山
北谷
栗山
北谷
栗山
北谷
栗山
北谷
栗山
午後 × × 北谷
栗山
× ×

※ 水曜日午後の診察は予約患者様のみです。

診療内容

最高水準の医療機器のもとで、苫小牧の基幹病院としてあらゆる眼疾患に対応できるよう心がけています。

診療体制
平成9年より2人眼科医体制での診療をおこなっています。午前(水曜は午前、午後)は外来診療、午後は手術(火曜、木曜、金曜)、視野検査、眼底造影検査、レーザー治療等をおこなっています。当科の特徴は、緊急を要する場合が多い網膜剥離や眼外傷、糖尿病網膜症等の治療に必要な硝子体手術を、網膜硝子体の専門医が数多く行っております。また角膜移植は旭川医科大学と連携し角膜移植専門医による手術がおこなえます。その他、当院では「画像伝送システム」により、患者さんの目の状態をその場で旭川医科大学眼科と通信することにより、より専門的な診察を受けることが可能です。
検査機器
一般的な、視力計、眼底カメラ、蛍光眼底装置、超音波診断装置、静的視野計、動的視野計、角膜内皮装置、網膜電位図、レーザー光凝固装置、YAGレーザーに加えて、Scanning Laser Ophthalmoscope、OCT(眼底三次元画像解析装置)、23ゲージ硝子体手術システムなどを備えております。
手術
白内障手術、緑内障手術、外眼部手術(眼瞼内反症、翼状片)、網膜剥離手術、糖尿病網膜症の手術などに対応しております。
2012年の手術件数は703件で、主たる内訳は白内障手術592例、緑内障手術5例、網膜剥離、硝子体手術86例、外眼部手術等その他の手術が20例でした。また網膜光凝固治療は620例でした。加齢黄斑変性症に対する抗VEGF硝子体注射も外来で日帰りで行っております。
  

北谷 智彦(キタヤ ノリヒコ) 眼科主任科長

平成4年卒
職歴
旭川医科大学眼科学教室、旭川日赤病院、釧路日赤病院
南カリフォルニア大学ドヘニー眼研究所
認定資格
日本眼科学会専門医

栗山 周子(クリヤマ シュウコ) 主任科長

平成10年卒
職歴
旭川医科大学、元生会森山病院、市立旭川病院、美唄労災病院
倶知安厚生病院、市立根室病院、釧路労災病院、市立釧路総合病院