循環器内科

 

  月  火  水  木  金 
午前 伊藤
大畑
大岩
加藤
堀田
吉田
大岩
松本
戸田
大畑
大岩
伊藤
吉田
大畑
堀田
戸田
松本
午後  × ×  ※1 ×  × 

※1 ペースメーカ外来:大畑

診療内容

循環器内科は虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心不全、不整脈、弁膜症、大動脈疾患、先天性心疾患、閉塞性動脈硬化症などの心臓・動脈硬化性疾患と腎炎、ネフローゼ、腎不全、透析療法といった腎臓疾患の診療を2本柱としています。また、虚血性心疾患の危険因子である高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病に関しても当科で対応しております。スタッフは固定医師8名で血液浄化室の診療にも対応しています。外来の予約枠は午前外来枠のみで3〜4名の担当医が午前外来診療を行なっております。日中、夜間とも救急患者に迅速に対応しています。

虚血性心疾患
急性心筋梗塞や不安定狭心症はできるだけ早期に病院を受診して治療を受けることが予後を左右します。当科は専用の心臓血管撮影装置を有し24時間体制で心臓カテーテル検査及びカテーテル治療を行っており、緊急的に手術が必要な時は遅滞なく心臓血管外科と連携をとりスムースに手術が行われています。心臓カテーテル検査数は年間約500例、経皮的冠動脈形成術は年間約200例です。虚血性心疾患のスクリーニング法として冠動脈3DCTが、心筋血流、心機能の評価には心臓核医学検査が、経皮的冠動脈形成術には冠動脈血管内エコー検査が役立っています。
心不全
心不全は近年増加傾向にあります。重症の心不全には補助循環装置(IABP、PCPS)が救命率を上げています。薬物に反応しない腎不全を伴った心不全にはいつでも血液透析を行える体制を整えています。
不整脈
徐脈性不整脈に関しては電気生理学的検査、ホルター型24時間心電図で評価を行い、年間約60例に恒久的ペースメーカー植え込みを行っています。また定期的にペースメーカー専門外来を設けて術後管理にあたっています。
腎疾患
腎炎、ネフローゼ症候群には適応を判断し、腎生検を積極的に行っています。腎生検は年間約25例行っています。透析治療に関しては、現在約100名が当科で透析を受けています。年間透析導入患者数は約30名で患者数の増加に伴い月〜土まで完全2部制で行っています。 また、シャントトラブルに関しても、心臓血管外科と連携し迅速に対応しております。シャントPTAは年間約60例行っています。
閉塞性動脈硬化症
閉塞性動脈硬化症はABIや下肢MRA、CTで病変を評価し、積極的にPTA治療を行なっております。膝下末梢病変に対しても取り組んでおり、重症虚血肢の評価として皮膚灌流測定(SPP)も導入しています。下肢PTAは年間約100例行っています。
医師紹介
  

大岩 均(オオイワ ヒトシ) 院長


昭和58年卒
職歴
札幌医大第二内科、市立室蘭総合病院、王子総合病院、南アラバマ大学
市立釧路総合病院
認定資格
内科認定医、循環器専門医、高血圧専門医(高血圧学会評議員)
人間ドック認定医、人間ドック健診情報管理指導士、日本医師会認定産業医

平成11年から勤務しておりますが、理事長・院長業務が忙しく外来診療だけとなっております。今後も皆さんの健康を守るため、最善の医療を心がけたいと思いますので宜しくお願い致します。

松本 倫明(マツモト トモアキ) 循環器内科主任科長

平成7年卒
職歴
札幌医科大学附属病院、市立室蘭総合病院、王子総合病院、JA倶知安厚生病院
資格
内科認定医、循環器専門医

平成14年より当院で勤務しております。平成25年より循環器内科主任となり現在に至ります。平成19年から平成25年までは血液浄化部門主任をつとめておりましたので透析医療や腎臓病診療で皆さまとのお付き合いが多かったのですが、現在は当科の広い診療範囲をまんべんなく診ております。患者さまや家族の皆さまが納得して診療を受けられるようなわかりやすい医療をできるだけ心掛けております。どうぞ宜しくお願い致します。

大畑 純一(オオハタ ジュンイチ) 主任科長

平成9年卒
職歴
札幌医科大学附属病院、市立釧路総合病院。市立室蘭総合病院、新日鐵室蘭総合病院
認定資格
内科認定医

平成20年10月から当院で勤務しています。当院循環器内科は心臓カテーテル治療、下肢動脈疾患のカテーテル治療、ペースメーカー治療、不整脈、心不全の専門的な治療といった循環器分野が充実しておりさらに透析を含む腎疾患、糖尿病をはじめとする代謝疾患にも精通するといった幅広い診療が特徴です。苫小牧を中心とした東胆振の健康を守るため日々精進していきたいと考えていますのでよろしくお願いいたします。

吉田 大輔(ヨシダ ダイスケ) 主任科長

平成10年卒
職歴
札幌医科大学付属病院、旭川赤十字病院
帯広厚生病院、手稲渓仁会病院、カレスアライアンス天使病院
認定資格
内科認定医、循環器専門医

平成17年10月から当院で勤務しています。
当科では、心臓疾患のみならず、心筋梗塞や狭心症の原因となる、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病、さらには腎臓疾患の診療にも携わっています。
生活習慣病や腎臓疾患は、とくに初期では症状に乏しく軽視されがちですが、症状が出るころには、合併症がでてきたり、病状が進行し治療に難渋するなど初期治療が大切です。健康診断などで異常を指摘された際には、まずは一度病院で検査されることをお勧めします。

加藤 伸郎(カトウ ノブオ) 主任科長

平成11年卒
職歴
札幌医大第二内科、帯広厚生病院、道立北見病院、天使病院、道立江差病院
認定資格
内科認定医、循環器専門医、インターベンション学会認定医

循環器疾患一般、特に心臓カテーテル、下肢・腎動脈カテーテルを専門として、診療しております。安全で信頼できる医療を提供できるように努力していきますのでよろしくお願いいたします。

堀田 寛之(ホッタ ヒロユキ) 主任科長

平成14年卒
職歴
札幌医科大学付属病院、王子総合病院、市立釧路総合病院、道立江差病院
旭川赤十字病院、札幌社会保険総合病院
認定資格
内科認定医、循環器専門医

平成21年7月より当院で勤務しております。平成15年に1年間、当院で研修させていただき、6年ぶりに戻って来ました。安心した医療を提供できるよう努力していきますのでよろしくお願いいたします。

伊藤 孝仁(イトウ タカヒト) 主任科長

平成16年卒
職歴
札幌医科大学付属病院、旭川赤十字病院、函館五稜郭病院
天使病院、道立江差病院
認定資格
内科認定医

戸田 悠貴(トダ ユウキ) 科長

平成26年卒   
職歴
帯広厚生病院、札幌医科大学付属病院

皆様のお役に立てるよう努力します、よろしくお願いします。