歯科・歯科口腔外科

 

  月  火  水  木  金 
午前 島西
出張医
島西
出張医
島西
出張医
島西
出張医
島西
午後 島西
出張医
島西
出張医
島西
出張医
島西
出張医
※島西

※ 14:00からの診療になります

診療内容

平成29年度より歯科口腔外科を標榜する体制が整いました。入院患者様、他の医療機関から紹介を受けた外来患者様の一般的歯科治療は従前通り診療させていただきます。今年度からは当院のメリットを活かし、歯科口腔外科が扱う疾患も診療対象となります。この対象には歯が原因となるものから癌まで様々な疾患が存在します。また交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症、唾液腺疾患、さらに口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。口腔・顎・顔面領域の疾患は食事や発音が上手くできないなどの機能的障害に加えて審美的障害も生じることがあります。治療により口腔・顎・顔面全体の形態や機能の回復をお手伝いするのが歯科口腔外科です。顎口腔領域の軟組織や顎骨に発生する良性腫瘍にはエナメル上皮腫、角化嚢胞性歯原性腫瘍、歯牙腫、線維腫、血管腫などがあり、悪性腫瘍には癌腫、肉腫、悪性黒色腫、悪性リンパ腫、悪性唾液腺腫瘍などがあります。悪性腫瘍の大部分は癌腫で舌がん、歯肉がん(下顎歯肉がん、上顎歯肉がん)、口底がん、頬粘膜がんがあります。 これらの悪性腫瘍は咀嚼、嚥下、発音などの機能に関わるため、その治療には機能の温存のみでなく整容的な面を考えた治療が必要です。そのため腫瘍切除後には機能的・形態的再建手術が必要になる場合もあります。もし機能的・形態的再建手術が必要になる場合は札幌医科大学附属病院と連携して治療にあたります。当科は患者様に安全で信頼される診療体制で一人一人に合った医療に取り組んでいます。

診療モットー
医療者と患者間のコミュニケーションを大切にし、十分な説明をして治療に入るというインフォームドコンセントの原則を守ります。また、診療スタッフ全員が患者様の身体的・社会的状況を鑑み、安心安全な診療を心がけています。また疾病の早期発見、早期治療を主眼に予防処置、定期検査(リコール)にも重点をおき診療に努めています。

島西 真琴(シマニシ マコト) 歯科主任科長

平成19年卒
職歴
札幌医科大学、洞爺協会病院、登別三愛病院
資格
日本口腔外科学会認定医

平成29年4月より新たに診療科長として勤務致します。大学病院での知識と経験を活かし、地域の皆様の医療に最大限貢献する診療科となれるよう尽力致します。どうぞよろしくお願い致します。

岡田 文夫(非常勤)

昭和53年卒
資格
北海道障害者歯科医療協力医、北海道がん連携協力歯科医

出張 裕也(非常勤)

平成9年卒
資格
日本口腔外科学会専門医・指導医

宮本 昇(非常勤)

平成24年卒

西山 廣陽(非常勤)

平成25年卒