理事長・院長挨拶




王子総合病院は明治43(1910)年に王子製紙苫小牧工場の厚生施設として開設され、以来100年以上にわたり東胆振・日高医療圏の基幹病院として地域の皆様に親しまれてまいりました。この間、昭和42(1967)年には医療法人王子総合病院として独立し、平成9(1997)年に現在地に新築移転しております。法人施設としては440床の王子総合病院を主体として附属看護専門学校、介護老人保健施設「ケアライフ王子」、居宅介護支援事業所王子、苫小牧市から委託を受けた中央地域包括支援センターを有しています。

さて、当院は災害拠点病院、地域がん診療連携病院、地域周産期センターに指定され高機能で良質な医療を効率的に地域に提供する使命を担っております。また、臨床研修指定病院として研修医の指導・育成にも当たっております。昨今は勤務医不足、医師の偏在などによる地域医療の崩壊が懸念されていますが、医師や看護師等の医療スタッフ確保に努め、診療体制や設備の更なる充実を図りたいと考えております。

当法人は「私たちは、みなさまの健康・医療・介護を信頼と愛情で支えます」を基本理念としており、今後も法人施設間の連携を密にし、地域の皆様のニーズに応えられるよう全職員が一丸となって、安心で安全な医療提供のため日々研鑽に努めたいと思っております。

理事長・院長
大岩 均