文字サイズ
背景色
  • お知らせ
  • フロアマップ
  • アクセス
  • お問い合わせ

王子総合病院

脳神経外科

脳神経外科 外来担当医師表

▼左右にスクロールしてご覧下さい。
 
午前 ※5本間
古村
※5本間
古村
※1出張医
古村
不定 本間
午後 ※5本間 不定 不定 不定 不定

午後の診察は新患・予約患者のみです
 (午後の新患は15時まで)
※1 出張医:(札幌医大出張医)
※2 新患のみ
※3 予約患者さまのみ
※4 本間/齋藤(新患・予約患者さまのみ)
※5 新患・予約患者さまのみ

休診・代診情報

休診情報はありません。

診療科紹介

診療内容

当科は、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血等の脳血管障害(いわゆる脳卒中)急性期の患者さんや、頭部外傷、脳腫瘍等の患者さんの治療にあたります。

最近の脳神経外科領域の診断機器の発達は目覚ましいものがあり、1.5TMRI、SPECT、CT、血管造影装置など診断に必要なものはすべて揃っています。当科では血管病変に対して三次元画像解析装置も導入し、精度の高い診断ができるようになりました。脳ドックも再開しており、無症状(例えば未破裂脳動脈瘤、無症候性脳梗塞等)の病変に関しては学会ガイドラインや最近の科学的根拠に基いた無理のない治療を地域のかかりつけの先生方と提携し、患者さんの希望をききながら提案するように心がけております。

手術は術中モニタリング、ナビゲーション、エコーなど最新の設備を用いて全身麻酔中も大事な脳機能を損なわないよう努力しています。また、神経内視鏡を用いて低侵襲かつ高度な手術や近年普及してきた血管内治療も行っております。治療に関してはそれぞれ利点・欠点がありますので患者さんにとって最良の方法を提案します。また、顔面痙攣に対する手術はもちろんボトックス療法もおこなっております。北海道では普及していない痙縮に対するボトックス治療やバクロフェン持続髄注療法も行っております。地元苫小牧の当院で大部分の疾患は診断から治療まで完結できます。特に難しい手術は札幌医科大学脳神経外科との密接に連携して最良の治療を提案いたします。

医師紹介

脳神経外科主任科長
本間 敏美 ホンマ トシミ 1999年卒
職歴
札幌医科大学脳神経外科関連施設、王子総合病院、砂川市立病院、 市立室蘭総合病院、北海道医療センター、札幌医科大学附属病院
認定資格
脳神経外科学会専門医、脳卒中学会専門医、救急医学会専門医、 脳神経血管内治療学会専門医、神経内視鏡学会技術認定医、 医学博士(札幌医科大学)、札幌医科大学脳神経外科非常勤講師
常に謙虚に物事にあたり、背伸びせず自分のできる範囲の事を確実に行うように心がけます。地域・組織の一員として貢献できるように努力したいです。
科長
古村 翔一 コムラ ショウイチ 2015年卒
職歴
札幌医科大学、北海道子ども総合医療療育センター、釧路孝仁会記念病院、 京都大学医学部附属病院、市立釧路総合病院
よろしくお願いします。

診療部・各部門