文字サイズ
背景色
  • お知らせ
  • フロアマップ
  • アクセス
  • お問い合わせ

王子総合病院

整形外科

外来担当医師表

▼左右にスクロールしてご覧下さい。
 
午前 1 ※1渡辺
2 休診
3 ※1渡辺
4 休診
5 ※1渡辺
北大出張医 小林 渡辺 小林
川江 高橋 北大出張医 高橋 大田
小林 大田 1 高橋
2 渡辺
3 渡辺
4 渡辺
5 渡辺
川江 1 高橋
2 高橋
3 高橋
4 遠藤(出張医)
5 高橋
午後 亀田(出張医) × 亀田(出張医) × ×

※ 初診の患者さまは紹介状が必要です。
※ 数字の入っている医師は週毎に診察医師が変わります
※1 10:00からの診察になります。

休診・代診情報

医師名
休診日
代診
渡辺 尭仁
 4月18日(木)
 5月23日(木)
なし
高橋 要
 3月28日(木)~29日(金)
なし

診療科紹介

診療内容

 整形外科では骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉、それらを支配する神経系からなる「運動器」の怪我や病気の治療を行います。
 当科では整形外科専門医3名を含む常勤医師5名、および北海道大学整形外科からの応援医師を中心に、四肢・脊椎の変性疾患、および骨折・脱臼等を含めた急性期疾患の診療にあたっております。
専門医はそれぞれ上肢(小林)、下肢(高橋)、脊椎(渡辺)を専門分野としており、各分野の専門的な治療を担当しております。

 上肢の疾患では、末梢神経疾患、肩関節周囲の疾患、肘の疾患、手指の骨折や靭帯損傷などの外傷や関節変性疾患があります。これらの疾患に対しては、早期の適切な診断と治療介入が重要となります。投薬・装具治療やリハビリテーション、最新の手術技術を用い、適切な診断と治療の提供を目指しております。

 下肢の疾患では加齢からくる変形性膝・股関節症に対し、人工関節置換術を得意とし、痛みのないより良い生活を獲得できるよう治療にあたって参ります。

 脊椎の疾患では腰部脊柱管狭窄症に対する脊椎除圧術や脊椎固定術、頚椎症性脊髄症に対する椎弓形成術を患者さんのニーズに合わせ行っております。また腰椎椎間板ヘルニアに対する全内視鏡下ヘルニア摘出術(皮膚切開1cm以下、入院期間数日間)も導入し、早期社会復帰に向けた低侵襲な治療を心がけております。

 当科の外来診療は予約制とさせていただいております。また、初診患者様におかれましては、他の医療機関からの紹介状をお願いしております。

 未予約での当日受診は混雑状況によって対応困難なことがございますので、事前のご予約をよろしくお願いいたします。

医師紹介

整形外科主任科長
渡辺 尭仁 ワタナベ タカマサ 2010年卒
職歴
市立函館病院、北海道大学病院、市立釧路総合病院、函館中央病院、 北海道せき損センター
認定資格
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、 日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、脊椎脊髄外科専門医
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、圧迫骨折など、「せぼね」の病気やケガを専門としています。皆様の健康で痛みのない生活にお役立ちできるよう精一杯がんばります。
主任科長
高橋 要 タカハシ カナメ 2009年卒
職歴
北海道大学整形外科股関節班、函館中央病院整形外科人工関節センター、名寄市立総合病院、岩見沢市立総合病院、釧路総合病院
認定資格
日本整形外科専門医・指導医、日本整形外科リハビリテーション医、難病指定医
専門分野
下肢(変性疾患に対する人工関節置換)
下肢の関節の痛みにお困りの患者様がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。
主任科長
小林 英之 コバヤシ ヒデユキ 2011年卒
職歴
北海道大学付属病院、市立釧路総合病院、帯広厚生病院、JCHO札幌北辰病院、室蘭製鐵記念病院
認定資格
日本整形外科学会専門医
専門分野
整形外科、上肢疾患
上肢疾患(肩・肘・手)を中心に診療しておりますが、お困りのことがあればなんでもご相談下さい。少しでも症状が改善しますよう精進致します。
科長
川江 雄太 カワエ ユウタ 2019年卒
職歴
NTT東日本札幌病院、手稲恵仁会病院、北海道がんセンター、北海道大学病院
認定資格
北海道緩和ケア研修会終了
専門分野
整形外科一般
少しでも地域の皆様に貢献できるよう、最善の治療が行えるように努めてまいりますのでよろしくお願い致します。
科長
大田 光貴 オオタ コウキ 2020年卒
職歴
砂川市立病院、北海道大学病院
認定資格
日本整形外科学会、日本医師会認定健康スポーツ医
至らない点もあるかと存じますが精一杯取り組んで参りますのでどうぞよろしくお願いします。

診療部・各部門